RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
映画「クール・ランニング」

こんにちわ大塚美です

「ラジマガ792(金)」午後4時30分からの「シアター・アベニュー」のコーナーでは、なつかしの映画から最新作までの、映画や演劇・ミュージカルに関する、あらゆる話題をお送りしています。

 

今回ご紹介したのは、日本では1994年公開の映画「クール・ランニング」

監督:ジョン・タートルトーブ




 

【ストーリー】
幼い頃から、100メートル走でオリンピックを目指していた、主人公のデリース(レオン・ロビンソン)は、選考会でも一歩前に出てみんなから期待されていましたが、隣のレーンを走っていた、ジュニア(ロール・D・ルイス)が転倒して、デリース、そして、隣を走っていたユル(マリク・ヨバ)も巻き込まれて転倒し、夏季オリンピック出場の夢が断たれてしまいます。
デリースは、選考のやり直しを訴えますが、もちろん取り合ってもらえません。諦めかけたその時、その部屋の壁にかかっている一枚の写真が目に入ります。それは、かつて、オリンピックにおいて、100メートル走で金メダルを獲得した自分の父親と、その隣に白人の男性が写っている写真でした。そしてデリースは、その男性が、冬のオリンピック種目のボブスレーで、金メダルを獲得した名選手だということを知って、何がなんでもオリンピックに出場するために、彼をコーチに招き、チームメートには、幼馴染のお調子者のサンカ、さらに、同じく転倒事故で夢がやぶれた2人を巻き込み、ジャマイカ初、冬季オリンピックに参加して、メダルを取ることを決意しますが、うまくいくんでしょうか・・・

 

この映画は、1988年、カナダのカルガリーオリンピックに、南国のジャマイカが、はじめて冬季オリンピックに参加したという事実を元に、フィクションの内容を加えて、制作された映画です。本当は、同じ年にソウルで開催される、夏季オリンピックに陸上で出場したかったのが、それが無理になって、是が非でもオリンピックに出たい!と、手段を選ばず出場しようとします。

とはいえ・・・・

何しろ4人が4人、ボブスレーが何かすら知りません
雪とか氷とか、無縁のジャマイカの彼らがこのスポーツにチャレンジするわけですから、もちろん、教えてくれるコーチが必要です。そのコーチには、デリースが父親と一緒に写真に写っていた、ボブスレーで金メダルをとった経験がある、アービング・ブライッツァー(ジョン・キャンディ)。
最初は、彼自身がやさぐれていて、半ば、ジャマイカの彼らがボブスレーなんて無理だろうと思いつつも、とりあえず教えるのですが、彼らの熱意と成長ぶりに、日に日に心動かされていくんですね。最後の方は仲良くなって、一緒になって緑とか赤とか黄色の、ジャマイカ独特のカラーの帽子とかマフラーをかぶったりして、見てて微笑ましくてかわいい

南国の人達が見ず知らずの競技に悪戦苦闘する姿や、そのギャップ、また、カナダのカルガリー、寒い場所でも、よりすぐりの寒いところでのオリンピック開催地の気候に戸惑う4人の姿をコミカルに描いた作品となっています。

 

また、この映画で流れる数々のナンバーは、カルガリーの雪景色に南国の陽気なレゲエのリズムという、相反するイメージをうまく融合させています
今日、お届けしたのは、主題歌にもなっている、

I can’t see clearly now / ジミー・クリフ

 

映画のタイトル「クールランニング」てっきり、「かっこよく走れ」とか、南国の人が雪の上を寒い寒いって言いながらソリで滑るからこのタイトル・・みたいな感じに思っていたのですが、クールランニングとは「良い旅を」っていう意味なんです。

他の国からは笑われる、練習も満足にできない、最新のマシンも買えない、審査員からも笑われる、踏んだり蹴ったりだったんですが、でも、最後まで彼らは国の誇りを失わず、自分のプライドを曲げずにゲームに参加します。

周りからどんな目で見られてもいい、カッコ悪くてもいい、そんな風に実際に行動に起こすことは、なかなかできないことなんじゃないでしょうか。

南国本来の明るさで、周囲の冷たい視線を跳ね返す姿に、晴れ晴れとした気分にさせられます

また、映画「天使にラブソングを・・」や「ウォーターボーイズ」に共通するところもあるんじゃないかと思います。
これも最初の方にバカにされて笑われたりしますが、最後はやり遂げますよね。これと似たような、見たあとにスッキリ!でも、じんわり心があったまる、そんなストーリーになっています

 

今、ロンドンオリンピックでは、色んな選手が頑張っていますよね
上を目指して、メダルをとることももちろん大事かもしれませんが、この映画を観て、何よりも参加すること、挑戦することに意義がある、そんな風に思えました。

 

オリンピックでわいている今の季節にぴ〜ったり

カナダの雪景色を見たらちょっと涼しくなる気がします

夏休み&お盆休みに入る皆さん、「良いDVDないかなぁ」と思っておられるなら、ぜひ、
映画「クール・ランニング」観てください

author:FMちゃお, category:シアター・アベニュー, 17:57
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:57
-, -, - -